切削油剤

ファインカット 270A高機能ソルブル(アルミ系向け)

エマルション並みの加工性・優れた洗浄性・優れたアルミ防食性

特長

  • アルミに対してエマルション並みの加工性
  • アルミの防食性に優れ、変色を抑制
  • 洗浄性に優れ、機械内部の切粉はり付きを低減
  • 被削材への付着を低減し、後洗浄性の負荷、油剤補給量の低減が可能

エマルション並みの加工性を可能にした技術

アルミ加工においてソルブルでの課題であった溶着による加工不良を低減。特殊潤滑成分が金属表面に吸着し、切削抵抗を低減することで溶着を抑制。

ソルブルの特長である洗浄性と濃度維持性

特殊界面活性剤により洗浄性と濃度維持性を実現。機械周りや床のベタツキ・汚れを低減。優れた濃度維持性により補給量を低減。

実証

加工特性試験

実験内容
  • 機械種類:立型マシニングセンタ
  • 加工内容:アルミプレート(下穴→転造タップ)
  • 比較油剤:
    1. 弊社重切削エマルション
    2. 弊社汎用エマルション
    3. 弊社高潤滑シンセティックソルブル
    4. 市販アルミ用ソルブル
  • 加工方法:ドリル→転造タップ
  • 被削材:AC4C
  • 希釈倍率:20倍希釈液
  • 使用工具:
    • ドリル:SD 3.65(不二越)
    • タップ:B-NRT M4×0.7 (OSG)
  • 加工条件:
    評価基準 周速 m/min 送り mm/rev 加工深さ mm 給油方法
    ドリル 64 0.109 10.5 吐出
    タップ 20 0.7 7 液囲み
  • 評価基準:工具寿命(折損迄の加工穴数検証)
試験結果:「ファインカット 270A」の加工可能穴数15、弊社重切削エマルションの加工可能穴数15、弊社汎用エマルションの加工可能穴数15、弊社高潤滑シンセティックソルブルの加工可能穴数5、市販アルミ用ソルブルの加工可能穴数10であった。「ファインカット 270A」は弊社エマルション並みの加工性があることがわかる。

アルミ防食性試験

実験内容

半浸漬、20倍希釈液、室温、1日後

ADC-12
ファインカット270A 変色なし
弊社重切削エマルション 変色なし
弊社汎用エマルション 灰色に変色
弊社高潤滑シンセティックソルブル 変色なし
市販アルミ用ソルブル 微変色

ソルブルの特長

洗浄性・補給量低減

液切れ性に優れ、次工程への負荷低減。切粉・ワークへの付着が少ない為、補給量低減。

液切れ性(イメージ)

斜めに傾けたアルミプレートにソルブルタイプ及びエマルションの10倍希釈液を滴下し状態を観察しました。

エマルションは徐々に流れ始めるが、ソルブルタイプはサラサラしている為、すぐに流れ始める。

補給量削減実績データ

試験内容
  • 生産品目:工作機械
  • 加工材質:鋳鉄
  • 機械種類:マシニングセンター

原液補給量比較(期間=2ヶ月)

  • 従来エマルション(自社品)
    • 設定濃度=15倍
    • 補給量=1200 L(平均=600 L/月)
  • 222TC
    • 設定濃度=15倍
    • 補給量=800 L(平均=400 L/月)

エマルション比較:約30% DOWN

設備への低ダメージ

ソルブルと聞くと設備にダメージを与える印象がありますが、含油ソルブルタイプは設備への影響を軽減します。

飛散したクーラントが設備に付着→表面に油膜を形成→油剤が浸透しにくいため、機械ダメージを低減

製品紹介動画

このページの製品・サービスのお問い合わせはこちらまで

お電話

関東・東北・北海道エリア

03-3291-6522

東日本営業部・東京営業課
(東京支店)

中部エリア

052-563-3871

中部営業部(名古屋営業所)

近畿・中国・四国エリア

078-331-9382

西日本営業部・神戸営業課
(本社)

九州エリア

093-551-1581

北九州営業所